暑い夏に向けて

今テレビでは高校野球宮城県予選の組み合わせ抽選会のニュースが流れている。
おお、もうそんな時期か、とコーヒーを飲む手を止めて見入ってしまった。
名門校から地震の被災地域の高校、大穴高校?の生徒たちが緊張しながらインタビューを受けていた。

アレはかつてのぼくの姿だなあと思う。
高校のころはインターハイを目指して結構本気で稽古してたなぁ。
血豆つくって血尿に苦しんで、先生にどやされながらも毎日が充実していたなぁ。

よく悔いの無いようにと言うけれど、結局優勝する高校以外、いや優勝した高校の生徒でさえ時に後悔を感じる。
でもずっと後になってあの頃の思いを思い出したときに、後悔とともに笑いが、思い出が出てきたらそれはまあシアワセなのかなあと思う。

高校球児よ、悔いのないように。

この記事へのコメント

mark
2008年06月25日 19:51
 高校野球…球児たちに罪は無いのですが、母体となっている組織が私は大嫌い(権威主義、固定観念の塊なので)なため、私は高校野球を見ないんですよね…。
 もっとも、選手たち自身にとって見れば、一世一代の晴れ舞台であることは、間違いないと思います。
 後悔…することが例えあったとしても、それを上回る喜びがあるのであれば、笑ってそのときのことを語れるのではないかな、と思いました。
 充実した経験は、必ずその人の糧となって、人生の大きな力となるはずですから。
こねこ
2008年06月25日 21:00
 こんばんは☆こねこです♪

 ウチからはちょっと遠いですが、隣の区にある市民球場では毎年県予選が行なわれるみたいで、同じマンションの知人さんがいつも見に行ってるみたいです♪

 特に神奈川県は県予選を勝ち抜くのも大変なので、悔いが残る生徒も多いことでしょうね。

 けど、そのぶんあとで振り返って思いだす子も多いでしょうね(微笑)。

 ねこでした。ニャン☆
しま
2008年06月26日 14:36
高校球児・・・中学生の頃吹奏楽部だったのですが、同じ高校の吹奏楽部は結構有名でコンクールの練習で応援できず、代わりに応援に行ったことがあります。
予選だけでしたが・・・。
野球に全く感心のなかった私でもその時は自分の応援する学校に熱い視線を送っていました。
あれも青春だったのかな・・・?

辛くて大変な思いをしたことほど後ほどいい思い出になります。
そしてその時を共にした友とも一生の付き合いが出来ると思います。
快速海風三号
2008年06月30日 18:27
コメントあがとりいぃ!ございます。

markさん
全く同感です。あの権威主義者は基本的に他人は食い物と思っているんじゃあないかと一度でいいから小一時間問い詰めてみたいです。
しかしまあ高校や大学での部活動は苦しいものでしたが今は楽しい思い出です。

こねこさん
野球は分かりやすさもあって見に行くと楽しいですし、何より勝っても負けても、というか負けつつある学校をつい応援してしまいます。
この時期の困った現象ですね~。

しまさん
青春ですよ!
確かに大学の友達とは絶対に縁は切れないでしょうし一生の友人でありたいと思っています。
また今度会いたいものです。

皆さん本当にありがとうございました。
智斗
2008年06月30日 23:06
高校球児かぁ~・・・
僕の高校弱かったからなぁ ^^;
でも、頑張ってる人を見ると
応援したくなりますよねww

僕も高校の時は全国大会目指してましたよww
血尿か。。。
僕も出しました...orz
へこたれ侍
2008年07月01日 11:27
血豆、血尿の話をきくたびに…ど、どんだけですか(´Д`)? と思います。

高校野球は最高だよね!
快速海風三号
2008年07月05日 16:04
コメントあがとりいぃ!ございます。

智斗さん
応援したくなります。
しかしあのアレが出たときのがっかり感は何ともいえませんね(汗)

へこたれ侍さん
でも社会のストレスで出る人もいるらしいですからへこたれ侍さんも他人事ではないかもですよ(きゅぴーん)

皆さん本当にありがとうございました。

この記事へのトラックバック