快速海風三号の、クレーム日誌

ぼくは以前居た会社では、食料品を取り扱っていたわけで、当然年に何回かはクレームというものが発生する。
しかしまあなんというか内容を今になって考えてみると、まともなもの?から滑稽なものまで実に様々なことがあったなあとおもう。
今日はそんな中から印象の深かった?ものを幾つかコッソリ書いて、世の中にはこんなことがあるんだなあと笑っていただければさいわいである。

①ある日、冷凍魚を扱う先輩が。

K先輩「課長、クレーム発生です。」

T課長「なに、何があった?」

K先輩「・・・魚に骨が入っていたと・・・」

T課長「・・・喉に刺さったとか?子供が吐いてしまったとか?」

もはやがっかりのK先輩「いえ・・・魚に骨が入っていて気に入らないと・・・」

冷凍部一同『・・・どうしろと・・・』


②ある日、ぼくの直属の先輩が。

H先輩「快速くん、クレームだ。」

ぼく「うへぇ、いったいナニゴトですか!?」

H先輩「カニを買って家で食べたら家中カニ臭くなったと」

ぼく「はい、そして?」

H先輩「そんだけ」

ぼく「??はい??」

もうどうでもよくなったH先輩「・・・そんだけ・・・」


③ある日、現場にてエビを扱うS先輩が。

S先輩「おおっ、快速!エビ4kgくらい解凍したから食え!!」

見ると子持ちのうまそうなエビがどっさり。

ぼく「えっ!?いいんですか?てかどうしたんですか?」

S先輩「研品だよ研品(商品を食べたり検査に出したりすることです)」

そこでぼくは鮭担当や魚卵担当の先輩とむしゃむしゃたべる。みんなビールが欲しい日本酒が欲しいおねえちゃんほしいとしゃべりながら食べる。ほとんど食べ終わったころ、

S先輩「どうだ快速、うめえか?」

ぼく「はい、うめえっす!!」

鮭や魚卵の先輩も頷く。

S先輩「そうかぁ、いや実はこのロット、クレームがでたんだ」

一同血の気が引く。まさか食中毒・・・

ぼく「・・・いったいどんなクレームですか・・・?」

S先輩「いやおいしくないって」

一同「・・・はい??」

さみしそうなS先輩「・・・おいしくないって・・・」


と、これらはあくまで笑い話ですむケースであったが、全てしっかり販売元とお客様に報告書を提出しているのだ。
今の世の中、言ったもの勝ちのような雰囲気があるが、大概にしないと厚顔無恥といわれても仕方がありませんなぁ、と思うのはぼくだけだろうか。

この記事へのコメント

こねこ
2010年02月08日 19:57
 こんばんは☆こねこです♪

 世の中いろいろなクレームがある中、そういう業界でもクレームがあるんですねぇ。

 ただ、おいしくないって言われても・・・(苦笑)。

 エビ4kg・・・お腹がすごいことになりませんでしたか?(笑)

 ねこでした。ニャン☆
mark
2010年02月08日 20:25
 いやはや…今回のこれは、まあ笑えるクレームですが、それにしてもひどいものですよね~!
 消費者が欧米化しているため、いわゆる「モンスター」が、氾濫しているように感じます。
 腐った消費者は、元から絶つ…みたいなこと、出来ないのかと、考えてしまいますよ。
しま
2010年02月09日 11:08
この問題をクレームとして真剣に電話やらかけてくるんですよね?
私生活できっと色々ある人なんでしょうが・・・。
私のいた会社でも、連絡が取れないので夕方以降もしくは明日になるともう一度こちらからかけなおすと、「明日は台湾に出張だからそこまで来るのか?」と言われた事が。
真剣にホテルの番号を教えて、と言ったら、
「台湾に来るんやな。」とかえらい剣幕で起こっていました。
こんな事なら連絡取れるまで放っておけばよかったと・・・親切が裏目に出た今でも忘れられない痛い思い出です。
智斗
2010年02月09日 18:51
お久しぶりですww(此処ではww)

な、なんですかこの理不尽なクレームは。。。
ネタ振りにしか見えないのは僕だけですか?
そうですか...orz

でも、これが本気なんですよね?
マジ、残念な人間がいる世の中になったものですね。。。
自分はそうなりたくないモノです↓↓
快速海風三号
2010年02月16日 19:15
コメントあがとりいぃ!ございます。

こねこさん
このおいしくないというクレームは、案外多いんです。その都度寂しいやら情けないやらという気持ちになりました。
エビはみんなでムシャムシャ食べたのでお腹はそれなりですみました。

markさん
年々酷くなっているような気がします。なんというか本当に『お互い様』や『恥』といった概念がなくなっているような・・・憂慮しています。

しまさん
ぼくもお客さんと電話口で大ゲンカしたことありまして・・・まあお客さんは神様ではないという実体験を得たと思った思い出ですね(汗)

智斗さん
全て本気のクレームでした。
ぼくも反面教師とおもって自分自身を見つめていきたいものです。

みなさんほんとうにありがとうございました。



この記事へのトラックバック