本を読むこと

よくぼくは体育会系と勘違いされやすいのだが~、自分ではまるっきりの文系人間だと思っている。
中学、高校、大学と読書の虫だったし、それこそトイレと風呂と稽古中以外は本を読んでいた。

先日ぼくは女友達とメールをしていて、彼女があまり本を読まないことを初めて知りオドロイテしまった。まあぼくが、彼女は本が好きだろうと勝手に思い込んでいただけなのだが・・・

そんなメールをした日、まあ昨日のことであるが、司馬遼太郎の『坂の上の雲』を読み終えた。
この本を初めて読んだのは中学二年のころで、それからほぼ毎年読み、今回は通算八回目の読破となった。
毎回新鮮な驚きがあり、少しも衰えることのない魅力は、この作品が名作である証なのだなあと思いながら読み終えた。

本をぼくの本棚に戻しながら、さあて次はどの本を読もうと思案した時ふと思った。

「おおっ!この本を読み終えた余韻に浸りながら、さあ次に何を読もうと思案するのはナカナカ贅沢であるなあ!!」

と。
そう気づくと、なにやらぼくはトンデモなく贅沢をしている気分になり一人ですっかり上機嫌になってしまった。
たぶん会社勤めをしている頃は、時間に追われて思うように本が読めなかったからこそ、今そういう感覚に気づけたのだと思う。
こういう感覚というか思いは大切にしなければいけないなあと思いながら、次は司馬遼太郎の『花神』を読もうとおもう。

・・・
・・・・・・ところで・・・

みなさんはぼくのことを何系だと思っているのでしょう??

この記事へのコメント

こねこ
2010年02月20日 22:45
 こんばんは☆こねこです♪

 私も体育会系だと思ってました☆

 本の贅沢・・・いいですねぇ~♪
 私は最近全く読むことはなくなりましたが、以前は小説も書くほど本は好きでしたし、読んでました。
 
 何系・・・?
 体育会系以外となると、癒し系?

 あ、意味が違いますね(笑)。

 ねこでした。ニャン☆
mark
2010年02月21日 08:25
 私も、体育会系だとばかり、思い込んでいました~!
 実は、文系だったのですね!
 小説…最近は、しっかりしたものをほとんど読んでいないので、たまにはハードカバーの本を読むのも、悪くは無いかな…なんて、思ってしまいました。
 本をゆっくり読む時間があるというのは、確かにすごく贅沢なことなのかも…。
智斗
2010年02月22日 15:32
本をあまり読まない自分が通ります ^^;

何系。。。

そう改めて聞かれますと、浮かぶのは・・・
体育会系。
熱血系。
・・・でしょうか ^^;

良いじゃないですかww
僕らの代では、先輩は「漢(オトコ)」の代名詞、「漢と書いて○○先輩と読む!」と、言っていましたよ!!
快速海風三号
2010年02月26日 21:28
コメントあがとりいぃ!!ございます。

こねこさん
を~、小説を書くこともあったんですね!?
すごいと思います、機会があればまた本を読んでください!
癒し系・・・ぼくが坊主頭になると皆触っていやされています(苦笑)

markさん
やたらと体を動かすのが好きな文系です(汗)
まあぼくは文庫ばかりを読んでいますが、カバーをかけて外出には必ず一冊持っていきます。
今のうちに贅沢を味わっておきます・・・

智斗さん
まあ・・・なんというか興味の湧いた本はやはりおもしろいですしね(汗)
これほど正直な文系もおりませんぞ(ニヤリッ)

みなさんほんとうにありがとうございました。
しま
2010年03月02日 16:51
どちらかというと智斗さん絡みで体育会系でしょうか?

私は完全に文科系でしたね・・・。体育の成績はいつも悪かったし。
小学校の頃はやたらと分厚い本を狙って図書館で借りていました。
高校くらいかな・・・かなり本から遠ざかっていました。
最近子供と図書館に行くようになって復活!です。

この記事へのトラックバック