牛歩更新と石油ストーブ

更新の幅が空いてしまったではないか!?いかんいか~ん!!

もっともここ数日の生活は、晴耕雨読ならぬ晴読雨読で読書ばかりしていた。おかげで読書がススムススム。
よってぼくは愛用の石油ストーブの前で、焼き芋をしながら本を読む読む。

ところでこの石油ストーブ、いったいぜんたいいつから我が家にあるのだろう、ぼくが物心ついた時にはすでに我が家に存在し、焼き芋や薬缶や唐揚げなどを温め続けていた。あ、唐揚げを焼いたのはぼくなのでありますね。

というわけで母親に聞くと、

「結婚した時から」

ということは27年、しかぁし!!親父に聞くと、

「ん?独身時代から、かれこれ三十年以上」

という衝撃の事実が明らかに!!
ヤヤヤッ!?ぼくよりはるかに年上ではないか!!三十路といえばベテラン社員、訓練陸曹、艶のある女性、えーとえーと・・・
とりあえずすごいことではないか、ねぼけてけっとばしたりしてごめんね。いやすいません。

そんなに長くぼくの家にあるとは思わなかったが・・・
思えばこの石油ストーブにはお世話になったなあ。
毎年銀紙に包んだ焼き芋をしたし、銀紙を敷いてスルメや缶コーヒー、唐揚げなんかを良く食した。
薬缶を乗せると水蒸気が出るから、エアコンのように部屋が乾燥する心配もなかったが・・・

いまは使用するのはぼくくらいだものなぁ、自衛隊に行ったらしばらく使えなくなるけど、一人暮らしやら結婚やらしたら必ずもってくからなぁ、ぼくの未来のこどもも温めてくれ石油ストーブよ。

この記事へのコメント

こねこ
2010年03月09日 20:20
 こんばんは☆こねこです♪

 えぇ~~!!
 30年も・・・すごいじゃないですか!!

 快速さんのお宅は物持ちがいいんですね。それだけいろいろなものを大事にしてるということでもありますし♪

 次の世代も温めておくれなんて・・・しゅてきです☆

 ねこでした。ニャン☆
mark
2010年03月09日 20:28
 30年もの間、使われていたストーブ…すごいと思います!
 それだけの間、使い続けて、壊れないというのは、かなり丁寧な扱いをしてきたからかな…なんて、思います。
 結構、昔のもののほうが、頑丈だったりするので、まだまだもつと思いますよ~!
しま
2010年03月10日 03:29
実家は石油ファンヒーターでしたが、
祖母の家にはまだ現役でありますね・・・。
この前同じく焼き芋にしたものをうちの母が
「もらったから」とわざわざ子供達に持ってきてくれました。
久々に食べましたがおいしい♪
今度は芋持参で行こうかしら?
なんて思ったくらい。(笑)
智斗
2010年03月11日 21:37
ご家族の方物持ち良いんですねぇ~!!
そんなに大事にしてもらえたら、
ストーブも本望でしょうね♪

焼き芋が食べたくなりましたww
快速海風三号
2010年03月20日 10:46
コメントあがとりいぃっ!ございます。

こねこさん
物持ちが良いというか・・・捨てられないのは両親と僕の性格ですね。
大切に使っていきたいです。

markさん
当時の石油ストーブの中でもそこそこ値のはるものだったそうです。今は見る影もないような?
あと半世紀はがんばってもらいます!

しまさん
を~、ぜひ持参でおねがいします(笑)
しかしお母様の愛情が詰まったよりいっそうおいしい焼き芋ですね。

智斗さん
家族全員捨てられない性格なんです(汗)
ぜひ焼き芋たべてください!

みなさま、現在ぼくのパソコンが故障中で携帯電話から書き込んでます、もうすぐ帰ってきますので更新お待ちください。

ほんとうにありがとうございます。



この記事へのトラックバック