怒涛の異動と怒涛の仕事と怒涛の・・・

さてさて突如紛失したワタクシめが言い訳とも説明とも弁解ともつかないことをつらつらと書かせていただきます。

もはやおととしとなった平成二十年七月末近く。
それはいつもの仕事帰り、突如先輩の一人から呼び止められ

「今月いっぱいで異動になるから」

と鶴の一声・・・
なんじゃあそりゃあ!!
あと一週間もないじゃあないか!引き継ぎどうすんだ!!
とにわかにウロタエはじめるぼく。

ぼくの会社の人事は結構大雑把で、こういうことがたまにあるとは聞いていたがまさか自分の身近に起きるとは・・・
もう一人のベテランの先輩もこの人事には参ったらしい。
ぼくのチームは三人一組で、ましてや入社してわずか数カ月のぼくは戦力外。
・・・しかし賽は投げられた・・・
そこから怒涛の引き継ぎと仕事ラッシュが始まった・・・。
ときはお盆商戦突入期、ぼくはブログどころか趣味や食事の時間すら削り会社員の使命を果たしていくのであった・・・。
ちなみに当時の勤務の過酷さはぼくの身体に明確に現れた。
激務の年末商戦後の昨年一月、やたらと体調を崩したぼくが健康診断を受けたところ・・・
入社当時65キロあった体重が53キロまで落ちてました・・・

な、な、な、なんということだ!!とさすがのぼくもニワカにウロタえ上司や先輩に相談をしまくったことを覚えている。
ちなみに当時周囲の友人には、「快速は近々・・・」とか「快速はそろそろ・・・」といったウワサがまことしやかに語られたとか・・・

いずれにせよ現在では体重も無事戻し、健康な日々を過ごしていますのでご心配なく。
さてさてそれでは次回は何故三月末までなのかを書きたいと思いますゆえもうしばしお付き合いをください。

"怒涛の異動と怒涛の仕事と怒涛の・・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント