マボロシのりっくんランド。そして帰宅。

さてさて今回はりっくんランドのご紹介なのだ!
いやあわれながら長かった長かった。実際行くのも長かった。
ところで皆さんはりっくんランドといわれて分かるのだろうか、ちなみに一緒に行ったFとKはまったく分からなかった。
りっくんランドの正体は・・・

画像


はい・・・陸上自衛隊広報センターのことでありますね。
ここは事業仕分けでも少々話題になった場所でもありますね(ちなみに現役自衛官達にはあの事業仕分けは大不評でした・・・詳細は後日・・・)
ここを候補に挙げたとき友人Kは賛成してくれましたが友人Fはものすごく反対してました(汗)
でもまあもうすぐ現職になってしまうから、目が肥えて(飽きて・・・)しまわないうちに行っておきたいというぼくの希望で最終日に行くことになったのだ。

ちなみに入館料無料、館内撮影自由です。陸上自衛隊朝霞駐屯地に隣接し、JR池袋駅から東部東上線で和光市駅まで。そこからタクシーで約8分。
早速順路を回るとPKO活動のコーナーへ。

画像


これはカンボジア。

画像


イラクその①

画像


イラクその②ですね。
・・・このコーナーは現在の自衛隊がもっとも強調したいコーナーでしょう。戦うことを否定され、世間から良くて無視、悪ければ税金泥棒と言われ続けた自衛隊の、確かな功績なのですから。

さて気分を変えて兵器の展示に行きましょう!
まずは上からドンッ!

画像


ここは室内展示!自衛隊の装備について国民の皆さんに広く理解を求める場所である。
もっと有体に言うと男の子にかっこいいところを見せて将来への布石を図るところ・・・
さっそくKとFはコーフンしている。書く言うぼくもわくわくしてきたぞぅ。

戦車!
画像


銃!!
画像


正式装備!!!
画像


そしてオレ!!!?
画像


なんとここでは迷彩服とヘルメットの無料貸し出しを行っており、背負っている装備は展示品で重さを体験できるものです。もういい大人三人大はしゃぎでした。

三人そろっての記念撮影を終え、帰宅の道へ。

友人Kは静岡なので途中の駅でお別れ。
多分お互いの勤務の関係から2~3年は会えなくなる・・・
「楽しかったよ、またなぁ・・・元気でなぁ・・・」
「お互いにねぇ・・・」
最後は笑顔で再開を約束。

Fとは地元宮城まで。
仙台から石巻へ、駅に着き、外に出ると見慣れた風景が広がっていた。まるで数時間前までの東京の喧騒がうそのようなのどかな風景。

ぼく「なんていうか、東京は気温が低いけど、東北は空気がつめたいなぁ」

F「うん、こういうのを匂いが違うっていうんだろうな」

と二人しみじみとした会話。
彼とも同じ県とはいえ半年は会えなくなる。一抹の寂寥感が胸にこたえる。
でも別れ際は明るく、再開を約束した。

さあ、もうすぐ入隊だ。



"マボロシのりっくんランド。そして帰宅。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント