アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
快速海風三号の、稽古日誌
ブログ紹介
普段の生活から思うこと、思い出、朝メシ、喧嘩などなどオロカなことをオロカに書いていきます。
zoom RSS

一時帰隊と久しい挨拶

2011/03/19 09:10
皆さんお久しぶりです、快速海風三号です。
どこからどのように書いたらよいか全く想像がつきませんが、ひとまずの挨拶を。

まずブログを放置してしまい申し訳ないです。目の前のことに夢中になりすぎ義理を欠く形になりました。

それとぼくは無事です、というか職業柄地震発生日の深夜には現場に入りました。
そして先日までは・・・被災地の岩手県沿岸で作業をしていました。
現場近くの小学校で天幕を張り野営、携帯電話も繋がらない状況で、実家のある宮城県石巻市を心配しながら日々苦しい作業の連続でした。
詳しいことは書けませんが、今回つくづく思ったのは
「災害派遣なんて無い方がいい、自衛隊が馬鹿にされ続けていい、平和が一番だ。」
これはぼくみたいな新米からベテランまで一様に思ったことでした。

さてまた来週には現場に向けて出発です。苦しい日々が続きますが力を合わせてがんばっていきます。

ちなみに家族は無事でしたが友人がまだ行方不明です、無事を祈ります。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


初外出

2010/04/13 11:22

今現在入隊後初の引率外出中です!仲間たちとシャバの飯食べてます。
生まれて初めて知りました、百円余りのハンバーガーがこんなに美味いなんて…ポテトも最高です!
明日からはまた厳しい訓練ですが快速海風三号はがんばりますぞ!

…あ、ラーメン食うの忘れてた…
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


とりあえずの生存報告

2010/04/11 07:21

いやはや僅か十日ばかりの間でしたが一月にも感じた十日間でしたなぁ…
新しい環境、年若い同期、慣れない訓練、どれもこれも一分一分は長く過ぎればあっという間ですなぁ。

明日は銃授与式、いよいよ訓練も本格化しますが快速海風三号はくじけずがんばります!
ではまた今度!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


てすと

2010/04/11 07:07

投稿できるかテストします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


また会いましょう

2010/03/31 21:01
さてみなさん。
かねての予告通り、ぼくは明日入隊します。
短い短い間でしたがみなさんには大変お世話になりました。

ブログはこのまま残します、携帯電話から記事が投稿できそうなので、テストを行った後ちょくちょく更新しようかと。
みなさんのブログには携帯電話からコメントを投稿させていただきます。

ではまたいつか!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


無視され続けた組織

2010/03/29 20:39
大蔵省、現在の財務省にとかくいじめられる自衛隊。
その中でもとくに存在理由を否定され続け、税金の無駄遣いの象徴のひとつに挙げられ続けたのが「陸上自衛隊化学学校」です。
設立は自衛隊の前身である警察予備隊とほぼ同時期、NBC兵器(核・生物・化学兵器)防護要員を育成するほか、化学科部隊の運用に関する教育・研究・調査を主要任務としている。隷下には第101化学防護隊(現在は中央特殊武器防護隊)を置いている。

この組織は設立から数十年一切国民に知られることなく、黙々と研究を続けてきた。
官僚や政治家からは「戦争をしない日本にこんな組織はいらない」と常に罵倒されるか、無視されるか・・・
この部隊が、ある事件をきっかけにその存在を白日のもとに現すことになった。

「地下鉄サリン事件」

世界で初めて、細菌兵器によるテロ行為が行われたとき、彼らはその能力を発揮した。


以下引用
『陸上自衛隊では、警察に強制捜査用の化学防護服や機材を提供していた関係上、初期報道の段階でオウムによるサリン攻撃であると直ちに判断。事件発生29分後には自衛隊中央病院などの関係部署に出動待機命令が発令され、化学科職種である第101化学防護隊、第1・第12師団司令部付隊(化学防護小隊)及び陸上自衛隊化学学校から教官数人が専門職として初めて実働派遣された。除染を行う範囲が広範囲であったため、第32普通科連隊を中心とし各化学科部隊を加えた臨時のサリン除染部隊が編成され、実際の除染活動を行った[18][19]。

また、自衛隊では警察庁の要請を受けて、自衛隊中央病院及び衛生学校から医官21名及び看護官19名が、東京警察病院、聖路加国際病院等の8病院に派遣され、硫酸アトロピンやPAMの投与や、二次被曝を抑制する除染といったプロセスを指示する『対化学兵器治療マニュアル』に基づいて、治療の助言や指導を行った[20]。

幸い自衛隊中央病院から駆けつけた医師が直前の幹部研修において化学兵器対応の講習を受けており、現場派遣時とっさに研修資料を持ち出して聖路加病院に到着し研修の内容資料と患者の様子から化学兵器によるテロと判断し、硫酸アトロピン(PAM)の使用を進言したのも早期治療に繋がった。』


この功績に対して、真っ先に反応したのは日本国民ではなく、アメリカ・ロシア・中国・台湾・韓国などの駐在武官だった。マスコミが取り上げたのは消防・警察・医師たちの活躍のみである。

その他、決して日の目を見ることのない任務に就きながら、消えていった人材のなんと多いことか・・・

ぼくは偶然周囲に自衛隊関係者がいたことと、一時期歴史学者を目指し、日本近現代史を専攻して勉強を続けたために、一般の人より詳しい知識を得ることができました。
決して賞賛してくれとは言えないけれど、偶然知り合った快速海風三号が、そんな組織にいったなぁと、心の片隅に置いていてください。

・・・そして、日の目を見ることなく(そのほうが国民は幸せである)消えていった自衛官たちにほんの一瞬思いを馳せてください・・・


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


マボロシのりっくんランド。そして帰宅。

2010/03/28 20:10
さてさて今回はりっくんランドのご紹介なのだ!
いやあわれながら長かった長かった。実際行くのも長かった。
ところで皆さんはりっくんランドといわれて分かるのだろうか、ちなみに一緒に行ったFとKはまったく分からなかった。
りっくんランドの正体は・・・

画像


はい・・・陸上自衛隊広報センターのことでありますね。
ここは事業仕分けでも少々話題になった場所でもありますね(ちなみに現役自衛官達にはあの事業仕分けは大不評でした・・・詳細は後日・・・)
ここを候補に挙げたとき友人Kは賛成してくれましたが友人Fはものすごく反対してました(汗)
でもまあもうすぐ現職になってしまうから、目が肥えて(飽きて・・・)しまわないうちに行っておきたいというぼくの希望で最終日に行くことになったのだ。

ちなみに入館料無料、館内撮影自由です。陸上自衛隊朝霞駐屯地に隣接し、JR池袋駅から東部東上線で和光市駅まで。そこからタクシーで約8分。
早速順路を回るとPKO活動のコーナーへ。

画像


これはカンボジア。

画像


イラクその@

画像


イラクそのAですね。
・・・このコーナーは現在の自衛隊がもっとも強調したいコーナーでしょう。戦うことを否定され、世間から良くて無視、悪ければ税金泥棒と言われ続けた自衛隊の、確かな功績なのですから。

さて気分を変えて兵器の展示に行きましょう!
まずは上からドンッ!

画像


ここは室内展示!自衛隊の装備について国民の皆さんに広く理解を求める場所である。
もっと有体に言うと男の子にかっこいいところを見せて将来への布石を図るところ・・・
さっそくKとFはコーフンしている。書く言うぼくもわくわくしてきたぞぅ。

戦車!
画像


銃!!
画像


正式装備!!!
画像


そしてオレ!!!?
画像


なんとここでは迷彩服とヘルメットの無料貸し出しを行っており、背負っている装備は展示品で重さを体験できるものです。もういい大人三人大はしゃぎでした。

三人そろっての記念撮影を終え、帰宅の道へ。

友人Kは静岡なので途中の駅でお別れ。
多分お互いの勤務の関係から2〜3年は会えなくなる・・・
「楽しかったよ、またなぁ・・・元気でなぁ・・・」
「お互いにねぇ・・・」
最後は笑顔で再開を約束。

Fとは地元宮城まで。
仙台から石巻へ、駅に着き、外に出ると見慣れた風景が広がっていた。まるで数時間前までの東京の喧騒がうそのようなのどかな風景。

ぼく「なんていうか、東京は気温が低いけど、東北は空気がつめたいなぁ」

F「うん、こういうのを匂いが違うっていうんだろうな」

と二人しみじみとした会話。
彼とも同じ県とはいえ半年は会えなくなる。一抹の寂寥感が胸にこたえる。
でも別れ際は明るく、再開を約束した。

さあ、もうすぐ入隊だ。



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


どかどか東京タワー行軍

2010/03/26 21:18
さてさて泉岳寺から品川駅方面へ歩き夕方の軽食をファミレスで。
すでに夕方の5時を過ぎており、我々の体力も限界が近づいていた。
だがしかしせっかくだから当初の予定通り東京タワーはみたい!!その鉄のような意志で我々は東京タワーへ向けて出発した!!

・・・徒歩で・・・

いやまあ事の起こりはファミレスで小休止したことで調子づいたぼくたちが誰ともなく

「歩いていけそうだねぇ」

「そうだなぁ」

ということになり・・・

画像


午後6時、ぼくだちはどたどたと東京タワーへ向かって歩き始めた。
しかしいざ歩くとこれが遠い遠い・・・ちっとも近づく気配がない・・・

画像


おまけに突如目の前にトンネルのようなものが現れて我々の行く手を阻む、もとい頭をぶつける。

画像


しかもトンネルを抜けると目標を見失うというアクシデント、だがしかしまあぼくたちはあまり心配せずにどかどかとすすむススム。歩き始めて40分、ついにタワーが大きく見えるところまできたぞ!

画像


しかしここからが長い長い・・・出発から1時間と少し、ついにぼくたちは東京タワーへたどり着いた!!
汗だくの姿を少々奇異に見られながら受付を済ませ展望台へ。
わくわくとしながら夜景をみるとおおっ!これは!?

画像


なんと見事なものか!?歩いてクタクタだっただけに一同感激もひとしおである。
さらに上階の展望台へ、まさに東京を一望のごとく・・・

画像


するとぼくたちは一様に妙な感慨にふけってしまった。
「あの夜景の中にはどんな人がいるんだろうなぁ」
「家族ともみたいなぁ」
「どうしてこんなきれいな夜景を、そこに住む人々を真剣に守ろうとする政治家がいないんだろう」
・・・あたりでイチャつくカップルをジト目でみながら、男三人哀愁をただよわせてしまった・・・


さてこの日の観光は終了し、翌日に備えてまたしてもネットカフェへ。
野菜ジュースやら何やらを飲みながら哀愁とドカドカの夜は更けていった。
さて次回はりっくんランドと帰宅をお送りします。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


いきあたりばったりの小旅行

2010/03/25 17:44
さてさて今回は前回予告済みの東京小旅行についてご報告なのだ!
参加するのは、現職警察官のF、静岡県のメガネ○場に勤めているK、そしてぼくの男三人。
ここで男三人になにやら哀愁を感じたそこのアナタ、きっといい人だ!

まず一日目は夜十時過ぎに新幹線にて東京駅に、ここで静岡よりきたKと合流しネットカフェへ。
お互い久方ぶりの再開にしばし近況報告を兼ねた他愛のない会話を・・・

画像


そして他愛のないぼくの写真、現役時代に比べるとかなりさびしい腕に・・・きっと三倍くらいになるよう鍛えられるでしょう。
さてさて翌日どこへ行こうか意見交換。そう!ぼくたちは合流するまでどこへ行くかなんて決めちゃあいないのだ!!どうだどうだこの男らしさ!!

それぞれ意見を交換し、とりあえず候補を挙げて道を確認。

画像


乗り換えの都合もあり、予定は以下のように。
一日目、浅草浅草寺→昼食→アメ横見物→赤坂サカス→泉岳寺→夜の東京タワー。
二日目、りっくんランド→涙の別れ。
という具合になり、この日は就寝。

翌日、ぼくたち三人は怒涛のように浅草に乗り込んだ!!

画像


雷門でかい!?平日なのにお客さんいっぱい!?
ぼくたちはやや圧倒されながら中へ。

浅草寺は屋根の工事中ということで全貌を拝むことはできなかったが、しっかりお参りしてきました。

画像


すぐ横の浅草神社にもしっかりお参り。
そして本邦初公開!快速海風三号の正体!!・・・あっ、さっき腕が・・・

画像


狛犬をしみじみと見上げております。
さて人形焼などお土産を買い込みアメ横へ、ここでミリタリーショップなどを見物し赤坂サカスへ。
TBSテレビの中を見学したり、芸能人探したりとドタドタしてました・・・

泉岳寺では赤穂浪士のお墓に線香をたて、折しもいらっしゃったご老人たちに
「若いのに関心関心」
と褒められてしまった(汗)

さて品川駅まで歩き、近くのファミレスにて小休止。
そして本日のメイン夜の東京タワーへ、とここからは次回のお楽しみ〜。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


久々の更新・・・

2010/03/22 11:36
みなさま久方ぶりの更新でございます。
そしてぼくのパソコンはまるで生まれたばかりのような形になりました・・・
つまりはまあ初期化というやつでありますね・・・
しかもワードもエクセルもウイルスソフトもなしのピッカピカの一年生みたいになりました。

幸いバックアップしておいたデータにより可能な限りもとの様になりましたが・・・
お気に入りやらはまた一から登録しなおし。

なんてこった・・・まあたしかに自衛隊はパソコン持込不可につき、使用頻度は格段に落ちるとはいえ、なにもこの時期に壊れることもないだろうに・・・

という記事を石油ストーブで焼いた芋を食べながら書くのでありますね。

ところでぼくは今日から二泊三日で友達と東京へ観光へ行きます。
宮城からは友人F君、東京で友人K君と合流し、入隊前最後の豪遊としゃれこみます。

どこへ行くかは着いてから決めようという学生時代を思い起こさせるゴーカイで行き当たりばったりな旅行なのだ!
新幹線で向かうからUターンラッシュに巻き込まれる可能性があるけれどもそれも一興、熱風ドカドカ旅に行ってきます!!

旅行の詳細は戻ってからどーんと記事にします。

それではいってきま〜す。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


牛歩更新と石油ストーブ

2010/03/09 19:00
更新の幅が空いてしまったではないか!?いかんいか〜ん!!

もっともここ数日の生活は、晴耕雨読ならぬ晴読雨読で読書ばかりしていた。おかげで読書がススムススム。
よってぼくは愛用の石油ストーブの前で、焼き芋をしながら本を読む読む。

ところでこの石油ストーブ、いったいぜんたいいつから我が家にあるのだろう、ぼくが物心ついた時にはすでに我が家に存在し、焼き芋や薬缶や唐揚げなどを温め続けていた。あ、唐揚げを焼いたのはぼくなのでありますね。

というわけで母親に聞くと、

「結婚した時から」

ということは27年、しかぁし!!親父に聞くと、

「ん?独身時代から、かれこれ三十年以上」

という衝撃の事実が明らかに!!
ヤヤヤッ!?ぼくよりはるかに年上ではないか!!三十路といえばベテラン社員、訓練陸曹、艶のある女性、えーとえーと・・・
とりあえずすごいことではないか、ねぼけてけっとばしたりしてごめんね。いやすいません。

そんなに長くぼくの家にあるとは思わなかったが・・・
思えばこの石油ストーブにはお世話になったなあ。
毎年銀紙に包んだ焼き芋をしたし、銀紙を敷いてスルメや缶コーヒー、唐揚げなんかを良く食した。
薬缶を乗せると水蒸気が出るから、エアコンのように部屋が乾燥する心配もなかったが・・・

いまは使用するのはぼくくらいだものなぁ、自衛隊に行ったらしばらく使えなくなるけど、一人暮らしやら結婚やらしたら必ずもってくからなぁ、ぼくの未来のこどもも温めてくれ石油ストーブよ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


入隊の日

2010/02/26 21:49
今日ぼくは自衛隊の担当者からの呼び出しを受け、事務所にのこのこと出向いた。
用件はぼくの『入隊案内』

そう、とうとうぼくの入隊日が決定し、その通達が来たのだ。

・・・う〜む、なにやら上の文章ではまるでぼくが赤紙でも貰ったかのような硬さがあるなあ・・・

まあ簡単にいうと四月二日に提出物と身の回りの品を持って遅れずに来いというわけである。
基本的に私物はほとんどなし、さいわい文庫本の類は二冊程度なら持ち込み可とのこと。
なにやらニワカにこう、なんというか現実味を帯びてきたなあと思う。

もっとも現職の叔父や友人の話によると、一週間後の『入隊式』まではお客さん、それ以後は『コンニャロメ!!』とのこと。
う〜むやはりそれっぽいではないか。

ちなみにぼくの最初に教育を受ける駐屯地を見学させてもらったときに、食堂で食事をさせてもらったけれど、まあ、なんというかお腹を一杯にするためだけの味と言っておこう(それでも山から帰ってきたりすると暖かいだけでかなり美味しく感じるそうな)

そうするとこのブログの更新も四月一日でひとまずのお休みになるなあと寂しい気持ちになったりするけど、まあそれまでは元気に更新を続けますのでみなさま改めましてよろしくおねがいします。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


本を読むこと

2010/02/20 21:38
よくぼくは体育会系と勘違いされやすいのだが〜、自分ではまるっきりの文系人間だと思っている。
中学、高校、大学と読書の虫だったし、それこそトイレと風呂と稽古中以外は本を読んでいた。

先日ぼくは女友達とメールをしていて、彼女があまり本を読まないことを初めて知りオドロイテしまった。まあぼくが、彼女は本が好きだろうと勝手に思い込んでいただけなのだが・・・

そんなメールをした日、まあ昨日のことであるが、司馬遼太郎の『坂の上の雲』を読み終えた。
この本を初めて読んだのは中学二年のころで、それからほぼ毎年読み、今回は通算八回目の読破となった。
毎回新鮮な驚きがあり、少しも衰えることのない魅力は、この作品が名作である証なのだなあと思いながら読み終えた。

本をぼくの本棚に戻しながら、さあて次はどの本を読もうと思案した時ふと思った。

「おおっ!この本を読み終えた余韻に浸りながら、さあ次に何を読もうと思案するのはナカナカ贅沢であるなあ!!」

と。
そう気づくと、なにやらぼくはトンデモなく贅沢をしている気分になり一人ですっかり上機嫌になってしまった。
たぶん会社勤めをしている頃は、時間に追われて思うように本が読めなかったからこそ、今そういう感覚に気づけたのだと思う。
こういう感覚というか思いは大切にしなければいけないなあと思いながら、次は司馬遼太郎の『花神』を読もうとおもう。

・・・
・・・・・・ところで・・・

みなさんはぼくのことを何系だと思っているのでしょう??
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


ザ・勘違い

2010/02/16 19:30
みなさん、勘違いはよくしますか?
う〜む、突然この書き出しだとナニゴトが起こったのかとオドロイテしまうかもしれない。

ぼくは間抜けな勘違いをしていた。
我が家にあるうがい薬、地味な色合いのそれは「ココロ」という商品名。
そう!markさんのブログ、mark roomのあの娘と同じ名前ではないか!!
う〜む、パッケージもなにも同じではないが、商品名とキャラクター名が一緒だとニワカに親近感というかそれに似た感情が湧いてくる。

そんなことをここひと月ほど思っていたのだが〜・・・
ついさっきのこと・・・ふと改めて商品名をのぞくと『うがい薬 コロロSP』
・・・はい?コロロ??・・・
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・なんということだ、『ココロ』と『コロロ』を勘違いとは・・・それもひと月。

ということで先ほどまで一人でもだえ苦しんでおりました。
みなさん、勘違いには気をつけましょう・・・

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


快速海風三号の、クレーム日誌

2010/02/08 17:59
ぼくは以前居た会社では、食料品を取り扱っていたわけで、当然年に何回かはクレームというものが発生する。
しかしまあなんというか内容を今になって考えてみると、まともなもの?から滑稽なものまで実に様々なことがあったなあとおもう。
今日はそんな中から印象の深かった?ものを幾つかコッソリ書いて、世の中にはこんなことがあるんだなあと笑っていただければさいわいである。

@ある日、冷凍魚を扱う先輩が。

K先輩「課長、クレーム発生です。」

T課長「なに、何があった?」

K先輩「・・・魚に骨が入っていたと・・・」

T課長「・・・喉に刺さったとか?子供が吐いてしまったとか?」

もはやがっかりのK先輩「いえ・・・魚に骨が入っていて気に入らないと・・・」

冷凍部一同『・・・どうしろと・・・』


Aある日、ぼくの直属の先輩が。

H先輩「快速くん、クレームだ。」

ぼく「うへぇ、いったいナニゴトですか!?」

H先輩「カニを買って家で食べたら家中カニ臭くなったと」

ぼく「はい、そして?」

H先輩「そんだけ」

ぼく「??はい??」

もうどうでもよくなったH先輩「・・・そんだけ・・・」


Bある日、現場にてエビを扱うS先輩が。

S先輩「おおっ、快速!エビ4kgくらい解凍したから食え!!」

見ると子持ちのうまそうなエビがどっさり。

ぼく「えっ!?いいんですか?てかどうしたんですか?」

S先輩「研品だよ研品(商品を食べたり検査に出したりすることです)」

そこでぼくは鮭担当や魚卵担当の先輩とむしゃむしゃたべる。みんなビールが欲しい日本酒が欲しいおねえちゃんほしいとしゃべりながら食べる。ほとんど食べ終わったころ、

S先輩「どうだ快速、うめえか?」

ぼく「はい、うめえっす!!」

鮭や魚卵の先輩も頷く。

S先輩「そうかぁ、いや実はこのロット、クレームがでたんだ」

一同血の気が引く。まさか食中毒・・・

ぼく「・・・いったいどんなクレームですか・・・?」

S先輩「いやおいしくないって」

一同「・・・はい??」

さみしそうなS先輩「・・・おいしくないって・・・」


と、これらはあくまで笑い話ですむケースであったが、全てしっかり販売元とお客様に報告書を提出しているのだ。
今の世の中、言ったもの勝ちのような雰囲気があるが、大概にしないと厚顔無恥といわれても仕方がありませんなぁ、と思うのはぼくだけだろうか。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


あばれ狼

2010/02/04 19:10
テレビでは盛んに横綱、朝青龍の引退を報じている。

ぼくは朝青龍のファンだった。ぼくの家族どころか身内一同揃って朝青龍嫌いの中ぼくは公然と朝青龍好きを放言していた。
たくさんの問題を起こし、周囲に迷惑をかけ、盛んにバッシングを受けてはいたけど、それでも強い朝青龍がぼくは好きだった。
今回の問題が起きた時、「もうおわりかな・・・」という予感はあったけど、結果はこういうことになった。

「ああいう手合いを『あばれ狼』というんだよ」

とは以前聞いていたラジオで、文化人を気取ったひとが朝青龍を指して批判した言葉だった。
でもぼくはニワカにこの『あばれ狼』という言葉が気に入り、テレビや新聞で朝青龍勝利の話題がでると、「いいぞ『あばれ狼』、もっともっとあばれて優勝を食い取れ」
などと言っては悦に入っていた。
街で問題を起こしたものなら、すぐさまテレビの前で「こら『あばれ狼』、勝手なことするんじゃあねえ!!」なんて一方的に叱りつけていたが・・・それももうおしまいなのだ。

あの圧倒的な強さ、間違いなく稀代の横綱、『あばれ狼』朝青龍、おつかれさまでした。

そしてさよならなのだっ!!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


転職のこと

2010/01/31 21:50
みなさんにまず有体に報告をしますと、ぼくは今無職である。
いや大浪人というべきか(汗)

本当は退職のいきさつまで報告しなければともおもうのだが〜・・・
まあなんというかあまり気持ちのいい話ではないし、いずれ心の支度ができたら語ろうと思う。

さてぼくは在職中に転職活動をし、内定を勝ち取ることができた。
再就職先は陸上自衛隊。
一般曹候補生として採用が決まっている。
まあ怪我や法律違反を犯さない限りは入隊できるだろう。正式な日付がまだ決まっていないため皆さんには三月末と報告していたのだが〜。

まあそんなわけで退職を申し出たら会社が手のひらを返し早々に退社させられてしまった。

これがぼくのとりあえずの近況である。
さてさて次回からはもうすこし違った話題を書いていこう。

それではみなさま、よろしくおねがいします。


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


怒涛の異動と怒涛の仕事と怒涛の・・・

2010/01/27 19:39
さてさて突如紛失したワタクシめが言い訳とも説明とも弁解ともつかないことをつらつらと書かせていただきます。

もはやおととしとなった平成二十年七月末近く。
それはいつもの仕事帰り、突如先輩の一人から呼び止められ

「今月いっぱいで異動になるから」

と鶴の一声・・・
なんじゃあそりゃあ!!
あと一週間もないじゃあないか!引き継ぎどうすんだ!!
とにわかにウロタエはじめるぼく。

ぼくの会社の人事は結構大雑把で、こういうことがたまにあるとは聞いていたがまさか自分の身近に起きるとは・・・
もう一人のベテランの先輩もこの人事には参ったらしい。
ぼくのチームは三人一組で、ましてや入社してわずか数カ月のぼくは戦力外。
・・・しかし賽は投げられた・・・
そこから怒涛の引き継ぎと仕事ラッシュが始まった・・・。
ときはお盆商戦突入期、ぼくはブログどころか趣味や食事の時間すら削り会社員の使命を果たしていくのであった・・・。
ちなみに当時の勤務の過酷さはぼくの身体に明確に現れた。
激務の年末商戦後の昨年一月、やたらと体調を崩したぼくが健康診断を受けたところ・・・
入社当時65キロあった体重が53キロまで落ちてました・・・

な、な、な、なんということだ!!とさすがのぼくもニワカにウロタえ上司や先輩に相談をしまくったことを覚えている。
ちなみに当時周囲の友人には、「快速は近々・・・」とか「快速はそろそろ・・・」といったウワサがまことしやかに語られたとか・・・

いずれにせよ現在では体重も無事戻し、健康な日々を過ごしていますのでご心配なく。
さてさてそれでは次回は何故三月末までなのかを書きたいと思いますゆえもうしばしお付き合いをください。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


生還報告

2010/01/25 17:14
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・あのう・・・

生きておりました快速海風三号です。

約一年半ぶりの更新・・・一体我ながら何をしていたやら。
とにかく突然皆様の前から消失してしまいいやはやまったく大変ご心配とご迷惑をおかけしました。

さる事情があり三月末までの限定更新となってしまいまするがどうかどうか改めましてよろしくお願いします。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


いやはやまったく

2008/07/21 19:04
またしても更新の間があいてしまった。
わが筆不精もここまでくると呆れてしまう。しかも皆さんへの巡回もオロソカになりっぱなしで誠にもってすまぬすまぬの事態である。

と自戒はここまでにして最近ぼくの中で変化したことがある。
以前と比べると甘いものが食べられなくなった。いやより正確にいうと量を食べなくなり、好みも変わったというべきか。
まずキットカットやカントリーマーム、パイのみなどは以前は大型の袋のものを購入して二日くらいで食べきったものが全く食べられなくなってしまった。初任給で大量購入したものが今日の今日まで余っており、仕方が無いので皆に配ってしまった。
変わりにパイナップルやスイカ・・・というかフルーツ全般を好むようになった。また百円で売っているようなフルーツ杏仁やナタデココもよく食べる。この三ヶ月で完璧に好みが変化していた。

まあフルーツの方を好むのはかえっていいような気はするのだがこういう変化は入社後に表れたものだからそこはかとなく気になってしまう。
はたして皆さんはどうだったのでしょう?お、こういう終わり方は話題を提供していていいぞいいぞ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8


続きを見る

トップへ

月別リンク

快速海風三号の、稽古日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる